アナリティクス から自分を除外してスマホで自分のサイトを見る方法

このブログの作り方

アナリティクス から自分を除外してスマホで自分のサイトを見る方法

 

 

PC閲覧時の自分自身のアクセスをアナリティクス上で除外する方法は簡単に見つけられると思います。

 

  • アナリティクスフィルタ設定(IPアドレス)
  • Chromeの拡張機能

 

などです。

 

本記事ではPC閲覧ではなく、スマホで自分のサイト、ブログなど閲覧時にアナリティクス上で自分のアクセスを除外する方法の解説記事になります。

 

 

本記事の内容

iPhoneで自分のサイトブログ閲覧時、アナリティクスから除外されるようにする方法とそれをシンプルに最速化するためのちょっとした設定のご紹介です。

 

PC閲覧時の自分の除外設定は比較的簡単に終わりました。

 

スマホでの閲覧はどうすればいいのか、色々記事を読み漁り数日迷いました。

 

その結果としての私のベストと考えられた方法を紹介します。

 

タイトルでもスマホとなっていますが本記事はiPhoneを想定した内容となっております。

 

本記事の結論

スマホにアプリを入れるのが最も素早く確実な方法です。

さらに使い方のひと工夫で完璧に仕上がります。

 

 

目次

  • アプリで除外がベストの理由
  • アプリの紹介と設定方法
  • おすすめの方法
  • メリットまとめ

 

 

アプリで除外がベスト

アナリティクス から自分を除外してスマホで自分のサイトを見る方法

数日迷ったので、経緯から...

 

アプリにたどり着いた経緯

 

おすすめする理由は『IPアドレス』がどうのこうの、から解放される点。

 

シンプルに『このスマホ』に対する設定であるという分かりやすさです。

 

初めは私もIPアドレスを調べてアナリティクスの管理画面からフィルタの設定もしてみました。

 

しかしIPv4のIPアドレスではどうやら除外できていないようでした。

 

さらに調べてIPv6のIPアドレスで試みたら除外は成功しました。

 

しかし数日持たず除外できない状態に逆戻りです。

 

確認したらIPv6アドレスが変化していました。

 

これはやってられないと悟り、PCからの閲覧では結局グーグルの拡張機能オプトアウトアドオンを設定。

 

スマホは自分のアクセスを除外するためのアプリを導入しました。

 

 

Wi-Fiでもモバイルデータ通信でも関係ない

 

グーグルの拡張機能オプトアウトアドオンはPC閲覧にしか効果ないという情報を得てからスマホをどうするか悩みました。

 

PCもスマホもChromeだけ使っていたので、この拡張機能で一気に解決したかと思っていたらそうでは無いのです。

 

IPアドレスはコロコロ変わるし、仮に自宅Wi-FiのIPアドレスの確実な除外方法があったとしても外出先のモバイルデータ通信はどうしよう...。

 

あれこれ考えた結果、通信手段問わず一律に除外できるスマホアプリという結論に至ったわけです。

 

自分のブログ等はスマホで確認する必要がある

 

PCとモバイルでの閲覧ではモバイルの方が圧倒的に多いです。

 

ブログやサイトの扱う内容によるとは言え、だんだんモバイル閲覧が増えていく流れです。

 

だからこそスマホで自分のサイトがどう表示されているのかのチェックは重要になってきます。

 

そしてその頻度はブロガーならば、かなり高くないでしょうか?

 

私は新記事を投稿したら、後日スマホで何回かチェックしています。

 

 

欠点はSafariに限るという点、しかし全く問題ない

 

 

今回紹介しますアプリはSafariからの閲覧のみ除外されるというのです。

 

第一印象 『使えない』

 

つまり自身のブログなりを毎回確実にSafariで確認しなくてはいけません。

 

『え?Safariだけ? 使えないアプリだな…俺はChrome派なんだけど?』

 

最初は私もそう思いました。

 

いちいち毎回Safari立ち上げて閲覧しなきゃいないの?

 

『めんどくさい、むり』

 

結論を先に申しますと

 

全くめんどくさくなくて

 

むしろSafariの方が早いです

 

しかも、もうメリットだらけですね。

 

その理由は本記事内で解説しています。

 

『Safariを使用していないという人におすすめの方法』を

 

ぜひ目を通してみてください。

 

 

アプリの紹介と設定方法

アナリティクス から自分を除外してスマホで自分のサイトを見る方法

アプリの紹介

 

AdFilter というアプリです。

 

アプリの紹介と設定方法

 

設定方法

 

高度なブロック Googleアナリティクス をONにします。

 

高度なブロック Googleアナリティクス をONにします。

 

 

サイト別設定で自身のブロックしたいドメインを入力します。

 

サイト別設定で自身のブロックしたいドメイン

 

設定>Safari>コンテンツブロッカーからAdFilterを有効に設定します。

 

Safari

 

コンテンツブロッカー

コンテンツブロッカー

 

あとは自動的に反映されます。

 

除外の確認

 

Safariで対象サイトを確認してアナリティクスでリアルタイムのゼロを確認します。

 

念のため、Chromeでも確認します。

 

除外の対象はSafari経由だけなのでChrome経由だとアナリティクスでカウントされてしまいます。

 

ここまで確認できればいいでしょう。

 

 

普段Safariを使用していないという人におすすめの方法

 

MacBookでもiPhoneでも基本的にGoogle Chromeですよという人は多いと思います。

 

しかし、そんな私と同じような人でも手間をかけずにSafari経由で自分のサイトを確認できる方法をご紹介します。

 

ホーム画面に追加する

 

自分のブログ(特定サイト)をスマホ上でアイコン化

 

自分のブログ(特定サイト)をスマホ上でアイコン化

ここをタップすると

 

下の画面になる

 

ホーム画面に追加を選択すると...

 

自分のブログ(特定サイト)をスマホ上でアイコン化

 

ブログがアイコン になりました。

 

アイコンをタップすればSafariでブログトップページが開きます。

 

ホーム画面に追加することで他のアプリと同様にアクセス可能に。

 

 

クロームで閲覧するよりむしろ早い

 

 

Chrome経由の場合

 

iPhoneホーム画面から

 

クロームアプリ起動

 

ブックマーク表示からの最短2ステップ

 

アイコン化Safariの場合

 

Chromeに対して

 

Safariでアイコン化の場合

 

アイコン 1 タップ

 

アプリ導入後の注意点

 

アフィリエイトリンクが表示されないなど副作用が発生し焦ることがあります。

 

Safariで閲覧中に、何か表示されるべきものが表示されないなどの異常を感じたらこのアプリを疑ってほぼ間違い無いです。

 

その場合は落ち着いてPCからサイトも確認するか、スマホからならChromeで確認してみてください。

 

メリットおさらい

アナリティクス から自分を除外してスマホで自分のサイトを見る方法

 

PCでの閲覧とモバイルでの閲覧では既にモバイルの方が圧倒的に多いです。

 

PC閲覧が減少傾向、モバイル閲覧が増加傾向になっていく流れはまだまだ続きそうです。

 

つまり自分のサイト、ブログをスマホでどう見えているのか確認することは必須となっています。

 

そんな中アナリティクス上で自分自身がカウントされてしまっては貴重なデータの精度が落ちてしましますね。

 

アプリで除外がベストの理由は、屋内のWi-Fiや屋外のモバイルデータ通信どちらでも対応してくれるという点です。

 

Safariからホーム画面に追加すればサイトへのアクセスも最速化できます。

 

iPhone内の他のアプリと同列に表示でき1タップでSafariでサイトにアクセスできます。

 

サイト閲覧までの手順が最短最速で、わざわざSafariを使っているという感覚すらないです。

 

むしろ基本的にはChromeを使用しているという私のようなユーザーにとっては

 

Safari  自分のサイト確認

Chrome それ以外

 

のように用途を分けることによって、普段使いの Chrome 使用が何かと快適になったりもします。

 

今回はここまでです。

ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
MAIZER

MAIZER

アラフォーの会社員トレーニー YouTubeで独学で学びジムで実践中です とにかくデカくなりてぇんだ ウェイトトレーニングがほぼ100% こだわりは独学トレ、時短トレ、YouTubeトレ 背中強化中! デッドリフト大好き、アイコンもデッドリフト!

-このブログの作り方

© 2021 MAIZER BLOG Powered by AFFINGER5