レインボーランタン【5年使用】画像10点付きで徹底レビュー解説記事

雑記ブログ

【トヨトミ】レインボーランタン【5年使用】画像10点徹底レビュー解説

 

本記事は

 

レインボーランタン【5年使用】画像10点付きで徹底レビュー解説記事です。

 

5シーズン使ったからこそのガチレビューとなっています。

 

購入を検討されている方、同種類(対流式)灯油ストーブの中で比較検討されている方に非常に有益な記事となったと自負しております。

 

ぜひ最後までお読みください。

 

それでは本記事の内容です。

 

もくじ

  • 本商品を選んだ理由
  • 期待通りな点
  • 購入後気づいた良いところ
  • 不満点
  • 使用方法(5年間試行錯誤した使い方
  • オシャレ燃料タンク紹介
  • 災害対策として
  • 安全面

 

私がレビューしている商品はトヨトミのレインボーランタンの最新型ではありません。(所有しているの型式はRL-25Fです)

 

一方記事執筆時現在の最新型は『RL-250』

 

 

それでもレビュー記事としてほぼ問題ないと言える理由は以下になります。

 

説明書で比較しましたが基本性能は暖房出力、タンク容量、継続使用時間などそのまま変わらず外径寸法と重さも全く同じようです。

 

電池点火機能に改良があるようで電池必要数が2本から最新型では4本に変更されています。

本記事内ではこの電池点火にかなり言及していますが、最新式には当てはまらない点が一部あることをご注意願いたいです。

とはいえ電池点火に対する本記事での考え方は、たとえ改良がされても重要だと考えますのでそのまま残してあります。

 

また電池点火以外の点は仕様書をみる限りでは最新型と同じですので、問題なく参考にしていただけます。

 

 

選んだ理由

 

なんかオシャレ

 

男の秘密基地、そう、ガレージに置きたい。

 

(我が家にガレージはありません)

 

自室(書斎)は四畳半程度なので火力的にも必要十分

 

一応目安は木造(戸建)7畳までらしいので

 

この広さまででの利用を想定しているのなら問題ないでしょう。

 

 

期待通りな点

レインボーランタン

 

これひとつあるだけでオシャレ部屋になるだけの存在感

 

かと言って派手すぎるわけでもない部屋に溶け込む落ち着いたデザイン

 

カラーバリエーション多め、

 

設置する部屋にカラーを上手く合わせることができれば一気オシャレ空間に

 

 

部屋はカーテンと照明がグリーンなのでグリーンで統一しました。

 

炎のゆらめき、見た目がすでに暖かい、心落ち着きます。

 

心地よい暖かさです。

 

買ってから気づいたこと

 

買う前から大体予想できたメリットなどより

 

買ってから気づいたメリットは本当にたくさんありました。

 

どこでも置けちゃう

 

せまい部屋に有効(本商品はとてもコンパクト)

 

向きとか無い上に、電源も不要だから部屋のど真ん中でも隅っこでも、どこでも置けるんです。

 

レインボーランタンを使う季節になったら部屋の空いてるスペースに置けば良いだけ

 

一般的なファンヒーターだと、部屋のコンセントとの位置関係など色々と制約がありますが、それが全くないという自由度の高さは便利この上なしです。

 

持ち運びでの移動が簡単  約6.2kg   

 

通常の一般的なファンヒーターは前面背面があり背面はフィルターがあって電源コードもあってのような造り

 

電源コードもなく片手で簡単に持ち運べるので、同じフロアの別の部屋へ移動などがお手軽にできます。

 

それにより当初考えていたよりも稼働頻度が高く大活躍しています。

 

余談ですが

 

私は部屋で筋トレするのですが、まず筋トレの開始時間まで部屋を暖めて

 

筋トレ開始直前に消火して部屋の外に出して(廊下に)置きます。

 

そうすることで部屋にスペースが生まれ暖かい部屋で筋トレを開始できます。

 

とにかく『ちょっとした移動が、全く苦ではない』というのが本当に使い勝手が良いんですね。

 

使用時は基本部屋のど真ん中ですが、未使用時は部屋のクローゼットの中や、

 

デスクの下など一時的に収納することも可能です。

 

注意ポイント

私は趣味が筋トレなので個人的には問題ありませんが、特に満タン給油時の状態でこれを自宅の階段で運ぶのは子供、女性には無理がありそうです。6.2kgに灯油約5L分の重さになりますから。

記事内の使用方法に解決策を記しましたのでそちらもお読みください。

 

静寂な空間

 

同じ灯油ストーブでもファンヒーターなどは、使用中多少は『ゴォー』という音がしますよね?

 

 

自宅のリビングのファンヒーターはこんなタイプです。

 

静音設計とは言え、音はしますよね?

 

この点、レインボーランタンは無音です。

 

私は数年使い続けてきて、この圧倒的な『静寂』というものの価値をひしひしと感じています

 

この感覚にピンとくる方いましたら、絶対オススメになります。

 

 

不満点

 

『電池点火』はアテにならないです。

 

この電池を使用することによる着火方法なのですが、

 

イマイチうまく使いこなせないし、シーズンごとに電池は買い換えるしで

 

いつの間にか使わなくなっていました。

 

この記事を作成するにあたり見たYouTube動画でカズチャンネルさんのレビュー動画内でも数回試みて結局一度も電池では点火できていません。結局動画内でもライター使っていました

 

 

上で紹介した動画ではことごとく(電池によるヒーターでの点火は)失敗していますが

 

ライターでの着火のイメージが知りたい方や、

 

レインボーの輝きなどは動画でよくわかりますので

 

気になる方は動画を視聴する価値ありですよ。

 

 

使用方法

 

ジェットオイラー給油中画像

灯油補充

 

給油方法は自宅内の給油場所とレインボーランタンの設置場所との位置関係で最適解は変わってきます。

 

 

私の場合は自室が2階、灯油タンクは1階の玄関というシチュエーションです。

 

結論から先に言いますと、コレを使います。

 

 

これに毎回2L(MAX容量は4L)ほど灯油を入れた状態で2階へ上がり

 

自室でレインボーランタンに給油しています。

 

レインボーランタンを手に持って階段を昇降しようかとも検討したのですが

 

筋トレが趣味のおっさんの私でも、毎回給油のたびこれ(レインボーランタン)を片手で持って階段を行き来するのは気を使います。

 

現状これがベストだと考えています。(安いし!)

 

着火

 

ライターでの点火イメージ

 

 

本当はライターを持つ手と反対の手で、手前のツマミを持ち上げて

『しん』を露出させる必要があります。(撮影の都合上簡略化しております)

 

電池での点火は不安定ですし、その部分は消耗品でもあります。

 

トヨトミ 点火ヒーター

電池以外にもこんな『ヒーター』という消耗品もあります。

 

これがまあまあの頻度で壊れます。

 

追記

最新型のレインボーランタンでは電子点火の機能が変更され

『高圧放電ですぐ点火』と謳われていますが未確認ですので評価はできません。

また、ヒーター切れの心配なしとの記載があります

電池は前モデルの2本から4本へと変更されています。

 

電池もシーズン開始ごとに新品に交換する必要があるとしたら出費と手間もかかりますね。

 

ライター準備してた方がコスパも上ですし、よほど確実で快適ですよ。

 

災害時や、アウトドア環境でも

 

必要な時に確実に点火してこそのものなので、

 

普段からライターを使うことを

 

当サイトでは圧倒的にオススメしたいと思います。

 

非常時だけライターで着火しようとか思っていたら、

 

その時はライターが見つからなかったり

 

緊急時その時初めて試みてもうまく着火ができなかったりするかもしれません。

 

結局普段使いからライター使用で間違いなし。

 

こんな形状のライターなら着火時の火傷の危険性もまずありませんから。

 

 

せっかくのオシャレストーブ、レインボーランタン

 

ライターまで拘りたいならば

コールマンのガスライター、形状はチャッカマンタイプです。

 

シブいですね。カラーもマッチしてます。

 

日々のレインボーランタンの使用時に毎度テンション上がりますね。

 

 

特徴

レインボーランタン

 

残量表示のレトロ感

 

今時の液晶メーターや残量アラームなど

 

親切設計とか一切無縁の無骨なヤツですから。

 

大体2Lくらい給油して◯時間くらいもつな〜など自分で感覚をつかんでおけば別に不便は感じません。

 

ざっくり表示のメーターで、正直あまり確認していませんが

 

本記事作成前に注意して確認してみたところ、ちゃんとメーターとして使えます。

 

 

干し芋

 

 

レインボーランタンの上にヤカンを置いたりして加湿効果を狙うこともできますが

 

私には火傷、事故の未来しか見えないので個人的にはやりません

 

このレインボーランタンが活躍するシーズンに私が欠かさずやるのがこれです。

 

始めた途端に部屋の中が焼き芋の香りが充満し、一気に幸せ空間になります。

 

 

オシャレ燃料タンク紹介

 

レインボーランタンによく似合う

 

[ ヒューナースドルフ ] Hunersdorff 燃料タンク の紹介です。

 

[ ヒューナースドルフ ] Hunersdorff 燃料タンク

[ ヒューナースドルフ ] Hunersdorff 燃料タンク

[ ヒューナースドルフ ] Hunersdorff 燃料タンク

 

非常にオシャレです

 

画像のこちらは容量5Lタイプのamazonだとこちらになります

 

 

紹介しておきながら、という話なんですが

 

 

注ぎ口の径が大きくレインボーランタンの給油口に対してはかなりギリギリになってしまい、灯油が溢れる可能性があります。

 

じょうご(ろうと)などの併用も検討してみるのが良いかもしれません。

 

『そこまでして使うか?』という気もしますが。

 

人それぞれ様々な環境下で使用すると思いますし、シンプルにこの燃料タンク

 

なかなかオシャレでおすすめなんです。

 

災害対策として

レインボーランタン

 

電源不要 ライターさえあれば使用可能

 

→ 停電時でもいつも通り使用可能!

 

 

ランタン(照明)にもなる

 

→ 停電時、なんと照明にもなる可能性秘めてる

 

およそ40Wの明るさみたいです(トヨトミHPより)

 

停電時、限られた電池などを節約できますね。

 

照明にもなるのはこの商品の強みではないでしょうか?

 

 

↑のストーブだと、暖かそうですが、明るくはなさそうですもんね。

 

電源不要でありながら継続使用可能時間の長さも特筆すべき点だと考えます。

 

なんと 約20時間

タンク容量は 4.9L です

 

繰り返しになりますが基本的に電池は不要というのがこの当記事でのスタンスです。

 

その他電源など一切不要ということはそれだけ電気的な回路などないという訳ですから

 

故障に強いと言えるのではないでしょうか?

 

構造がシンプル=長持ち、末長く使える

 

ということになります!

 

安全面

 

火傷

 

子供の火傷には注意、柵など要設置です。

 

我が家では子供が火傷しました、本当にに可哀想なことをしました。

 

奥さんは当然ブチギレました。注意しましょう。

 

非常停止

 

部屋内で間違って軽く蹴っ飛ばしたり

 

部屋のドアが接触したりくらいで

 

振動、衝撃を感知して非常停止します。

 

見た目によらず、その辺はしっかり機能しますので安心できる商品だと感じています。

 

最後に一言

 

さて本記事はいかがでしたでしょうか?

レインボーランタンの存在感に負けじと

オシャレなライター、オシャレな燃料タンクはもちろん

ヤカンもイイ感じのものを探し始めたり

来シーズンはステッカーなんか貼ってみようかなとか

ワクワクしてみたり、毎年楽しみは尽きません

毎年レインボーランタンに会える冬のシーズンがちょっと待ち遠しいくらいです。

そんな高次元で調和の取れている、機能性とデザイン性で

所有欲を満たしてくれます。

あなたのお部屋にも、いかがでしょうか?


ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました!

  • この記事を書いた人
MAIZER

MAIZER

アラフォーの会社員トレーニー YouTubeで独学で学びジムで実践中です とにかくデカくなりてぇんだ ウェイトトレーニングがほぼ100% こだわりは独学トレ、時短トレ、YouTubeトレ 背中強化中! デッドリフト大好き、アイコンもデッドリフト!

-雑記ブログ

© 2021 MAIZER BLOG Powered by AFFINGER5