YouTube動画再生ワークアウト

YouTubeワークアウト

YouTube動画再生ワークアウト【筋トレYouTube活用デメリット編】

筋トレYouTube活用デメリット編

YouTube動画再生ワークアウトとは

つまり筋トレYouTuberによる筋トレ動画を見ながら自宅で筋トレすることです

『筋トレ ○○トレ ○種 ○分』みたいな動画です

デメリットの前にメリット編の確認はお済ですか?

YouTube動画再生ワークアウト【筋トレYouTube活用法メリット】

当ブログ管理人マイザーは、YouTubeでの筋トレをこよなく愛しています

このブログでもYouTubeをフルに使いこなして筋トレLifeを充実させる

ことが大きなテーマのひとつとなっていますので、

ぜひ一読よろしくお願いします

YouTubeでの筋トレのデメリット

種目は限られてくる

あくまでダンベルのみ、自重メイン になりがちです

配信側からすれば、多くの人に見てもらいたい、再生回数伸ばしたいですし

視聴者側からすれば、YouTube再生してる環境でそのまま筋トレしたいというニーズがあります

YouTubeが見れて、筋トレできる、さらにダンベルなどがある環境は基本自宅、自室ですね

そこに向けて例えばバーベルやインクラインベンチ使う動画を発信しても

持っている人はわずか、ウケる層は非常に限られてしまうため、

そうなってしまうのも致し方なし、そういう認識は持っておきましょう

だからYouTubeダメ、YouTube使えない、と言いたいわけではありません

使い方、使いドコロですね!

筋トレの解説はやや少なめ

筋トレを動画を見ながら一緒にやるってのがメインになりますので

基本、種目の説明や解説はあっさりしています

『筋トレ ○○トレ ○種 ○分』ですから筋トレがメインです

説明や解説が欲しいという方は、直接種目名で検索すれば参考にできる動画が

見つかるかもしれません

マニアックな種目でなければ大体見つかるはずです

そこは割り切って別物と考えて、使い分けましょう

筋トレ中にYouTubeで全く関係ない違う動画を見てしまいがち問題

動画1本目終了!!

じゃあ2本目の筋トレ動画までの休憩がてら、今日の『JIN'S LIFE』の最新動画でも見よう!

...みたいな感じでは、筋トレは終わりませんし継続もできません

この問題は【再生リストの作成】で解決しましょう

再生リストで再生すれば、ただひたすらに自分で登録した動画が自分が決めた順番で再生されます

肩を鍛えたいなら『肩トレ』のリスト 腕なら『腕トレ』の再生リストを作ればいいだけです

今日の『JIN'S LIFE』最新動画見るのはそのあとで大丈夫です

  • この記事を書いた人
MAIZER

MAIZER

アラフォーの会社員トレーニー YouTubeで独学で学びジムで実践中です とにかくデカくなりてぇんだ ウェイトトレーニングがほぼ100% こだわりは独学トレ、時短トレ、YouTubeトレ 背中強化中! デッドリフト大好き、アイコンもデッドリフト!

-YouTubeワークアウト

© 2021 MAIZER BLOG Powered by AFFINGER5